性能・構造

お気に入りの家に永く住んでほしい。
そのために、4つのことを
グラッソは考えました。

I want you to live in your favorite house for a long time.

かっこよくて住み心地のいい、毎日を安心して過ごせる住宅を作ること。

断熱の大切さ
夏は涼しく冬は暖かく過ごしたいとは、誰もが思うこと。断熱性と気密性を高めたグラッソの家は、冷暖房が効きやすいので1年中快適に暮らすことができます。断熱がしっかりできていると部屋同士の温度差も少なく、高齢者やペット、赤ちゃんにとっても住みやすい住宅に。
地震に耐える
地震大国と言われる日本。近年では、地震の起こる確率がそれほど高くないとされていた地域で大きな地震が起こった例もあります。毎日を過ごす場所にこそ、安心を。グラッソの家は、全棟が”地震に強い家“です。
コストを抑える
大好きなマイホームを建てたら、そこで始まる暮らしも楽しんでほしいとグラッソは願っています。家を建ててから必要になる保険、税金、光熱費・・・私たちは、建物自体の質を上げることで、これらのコストの削減を実現しています。
火に強いこと
家に対する心配でまず思い浮かぶのは、火事のこと。火災に遭わないのがもちろん一番ですが、自分では十分に注意していても、隣家からのもらい火や放火に遭う可能性も全くないとは言えません。グラッソは家の工法にこだわることで、火事の被害を防ぐ工夫をしています。

安心・快適を実現する、
家づくりの技術。

Home-building technology that delivers peace of mind and comfort

グラッソの家には、基本プランに
これらが全て含まれています。

2×6工法(6面体ボックス工法)

  • 地震
  • 断熱
  • 気密
  • 遮音
  • 保険割引

6面体ボックス工法により外部からの力を面全体でバランスよく分散・吸収し、優れた耐震性を発揮します。さらに外周部にnobopanSTPII(国土交通大臣認定取得)を使用することで、耐震・耐水性の向上を図っています。これにより火災・地震保険の割引を受けることができます。

認定低炭素住宅・一次エネルギー消費量等級5

  • 省エネ
  • 断熱
  • 減税

低炭素住宅とは、CO2の排出を抑える工夫がなされた住まいのこと。低炭素住宅・省エネルギー等級5の認定には、平成25年基準に比べてエネルギー消費量が更にマイナス10%以上となることなどが必要です。グラッソの家は全棟この基準をクリアした住む人にも環境にも優しい住宅です。

ベタ基礎と換気対策

  • 地震
  • シロアリ防止
  • 湿気防止

建物の底板一面を鉄筋コンクリートで支える「ベタ基礎」を標準で採用しています。建物を点で支える布基礎に比べ、ベタ基礎は家の重みを底板全体で支えるので負荷が分散し、安定性に優れます。床下の喚起には基礎パッキンを使用。防水シートを敷き込むのでシロアリや湿気対策も万全です。

ファイヤーストップ工法

  • 火災
  • 保険割引

天井・壁には耐火性に優れた石膏ボードを採用。上枠と頭つなぎ材がファイヤーストップ材となり、建物全体で非常に高い耐火性を実現しています。火災による損害を受けにくくなるため、一般的な木造住宅に比べて火災保険料が安くなります。

トリプルガラス

  • 断熱
  • 気密
  • 遮音

窓枠には強風に耐える耐風圧性S-4、雨水の侵入を防ぐ水密性W-5、キズが付きにくく美しい風合いを保つHDコートのサッシを採用。熱の出入りを抑えてゼロエネ住宅を実現しています。

第1種換気システム

  • 省エネ

吸排気共に機械で行う第1種換気システムで、安定して新鮮な空気を循環させます。外気から受ける温度や湿度の影響をコントロールし、省エネを実現します。

glazzo + α

家族の安心をより確かなものに

耐震等級3

(坪1.5万円UP)
  • 耐震

建物の耐震性を上げることによって得られる4つのメリット。①固定資産税が最大5年間半額 ②住宅ローンの控除額が5,000万円の1%まで拡大 ③フラット35でフラット35SAの利用可。当初10年の金利が0.25%安くなる ④地震保険が50%off

制震ダンパー

(坪1.2万円UP)
  • 制震

ゴムで揺れを吸収する「制震ユニット」ミライエを使用することによって得られる4つのメリット。①繰り返しの揺れに最大限の効果を発揮。 ②90年間メンテナンスフリー。 ③設置箇所少なく施工も簡単。④低コストで導入可能

住みごこちを数値化する

(坪1.5万円UP)
  • 気密

C値=住宅における相当隙間面積
建物全体にある隙間面積(㎝2)を延床面積(m2)で割った数値で、建物の気密性能の指標として用いられています。数値が小さいほど優れた気密性をもつ建物と言えます。気密の測定を行い、C値1.0㎝2/m2 の家を実現します。

地域型住宅
グリーン化事業

「地域型住宅グリーン化事業」とは、省エネルギー性能や耐久性能等に優れ、地域木材を使用した木造住宅の新設を目指す取り組みです。グラッソでは、住宅の建設に国産ひのきや国産杉を使用し、地域経済の活性化や林業の再生に貢献しています(補助金の割り当てがあります)。同時に、ゼロ・エネルギー住宅・認定低炭素住宅・長期優良住宅の建設にも積極的に取り組んでいます。

これから建てるマイホームは、車や家電より更に永く使う、家族の住まい。
地震や火災への不安を少なく、ランニングコストを抑えて1年中快適に、
暮らしの楽しみを1番に考えられる家を実現しています。