2019年08月01日
カテゴリー:京都市 M様邸

京都市 M様邸中間検査

本日、確認サービスによる中間検査を受けました。

中間検査って何?

って思いますよね!

無事に建て方が終わり、その後に設計図面通りの配置で建築されているのか?

規定通りの釘ピッチで壁の倍率が取れているのか?

図面の指示の箇所に金物がちゃんと施行されているのか。

設計図通りにちゃんと建てているのか第三者の方にも確認して頂きます。

建物が完成してしまうと、外から目視で確認できなくなる箇所がありますので、

このタイミングに検査があるのです。

 

きっかけは…

阪神・淡路大震災の際、この箇所の施工不備による建物被害が多かったことから、施工途中での検査の重要性が改めて認識されました。

これを受けて、安全な建物の実現と質の向上を図るために「中間検査制度」を設けた改正建築基準法が平成11年5月1日から施行されました。

堅苦しくなりましたが、無事に合格しました。

これに合格する事による次の工程に進めます。

引き続きよろしくお願い致します。

 

工事部    岡崎